ゆるふわギャング - 下北沢、世田谷区

下北沢はこの近年、アート、ファッション、ミュージックが完璧な形で融合した街へと進化を遂げた。あらゆる所に散らばったヴィンテージの掘り出し物、手作りにこだわった自転車屋、ジャンク品売り場に、豆乳アイスクリームを提供するカフェや、花屋が運営するバーなど、ここには個性派のショップがとにかくたくさん溢れている。そんな下北沢特有のクリエイティブなエネルギーは、日本のヒップホップはもちろん、あらゆるシーンに影響を与え続けている。下北沢を拠点に活動するRyugo IshidaとSophieeからなるラップデュオ、ゆるふわギャングは、流行のヒップホップをほとんど気にせず、自分たちだけのサウンドを追求し、彼らが生きる毎日をリリックに落とし込んでいる。

ふたりはビデオゲーム、インターネットから派生したサブカルチャー、ファッション、ジェンダーレス、ヒップホップカルチャーとポップミュージックなど、様々なスタイルをすべてごた混ぜにした、カラフルな万華鏡を作り上げた。流行りの歌をラジオで聴くよりは、お気に入りのテレビドラマをイッキ見する。そんな環境から生まれたのが、誰からにも受け入れられるような音楽性と、彼らだけのユニークさを掛け合わせた独自のスタイルだ。下北沢の流行りに乗っかりはしないし、そこに水を差したりもしない。私たちはそんなふたりと下北沢の街を散策し、彼らの好きな場所や、なぜ下北沢に音楽好きが集まるのか、そして色がどのように彼らの作品に影響しているのかを教えてもらった。

「自分たちの音楽はリアルなこう、ストリートなあれでもあるけど、何だろうな、夢の世界っていうか、光と闇だったりとか、を表現してると思うから、そうですね、どこの街でも合うと思うんですけど。」.

Ishido, ゆるふわギャング

play
play

下北沢は、都内の他の街と違った魅力があると思いますか?
Ryugo: 自由な感じがするかなあって思います。

Sophiee: 同じ格好してる人とかもいないし。個性が集まってるかなと思います。

下北沢は音楽好きの街だと思いますか?
Sophiee: それは思いますね。なんかストリートでギター弾いてる人とかもいるし、音楽好きの人とかはたくさんいると思います。

ゆるふわギャングの世界観って下北沢にマッチすると思いますか?
Sophiee: マッチすると思います。

Ryugo: なんか、自分たちの音楽はリアルなこう、ストリートなあれでもあるけど、何だろうな、夢の世界っていうか、光と闇だったりとか、を表現してると思うから、そうですね、どこの街でも合うと思うんですけど。

下北沢のどんな場所からインスピレーションを受けますか?
Ryugo: 基本的に車を運転して、二人でドライブとかするんですけど。そういうところでね。結構あの色々見たりとか、出かけたりしてインスピレーションを受けてますね。

Ryugo: ゆるふわギャングは、日本のヒップホップシーンの中でどのような存在だと思いますか?

Ryugo: 難しいけどでも、革命をちょっと起こしたいかな。今の現状をすごい変えたいなとは思ってるよね。

「ずっとスタジオにいるときとかも精神と時の部屋みたいな感じで。ずっとビートが鳴ってて。それに音をどう乗っけてこうとか色々考えたりして作っているから。インスピレーションは自分からでもあるし。」.

Sophiee, ゆるふわギャング

今の日本のヒップホップシーンはどういう感じですか?
Ryugo: 今、すごい色んなラッパーの人たちがっていうか、色んな人たちが、多分今、人気がっていうか、増えてきてるんだと思いますけど。その中で何だろうな、新しいシーンを作っていきたいと思いますね。

ゆるふわギャングとして作りたいシーンってどういうものですか?
Ryugo: もっとね。いい音楽を。正直なんかあんまり今の日本のシーンにはあんまりいい音楽がないと思うから。だからあんまり聴く気にもなれないし。正直知らないんですけど。ね。

Sophiee: なんかあんまり日本のヒップホップシーンにいるっていう自覚もあんまりなくて。ただ音楽が好きで作ってるから。自由な感じでいつもやってて。それがでも、自分たちには合ってるかなって思ってて。

インスピレーションをどこから受けていますか?それはスタジオでの制作に影響を与えていますか?
Ryugo: 自分たちの経験もそうだし。常になんか経験してるっていうか、実際に起きてることを歌うことがやっぱり多いから、他の誰かの曲を聴いてこうインスピレーションを受けるっていうよりかは、やっぱり自分たちが目で見たものを表現してるっていう感じですかね。

Sophiee: ずっとスタジオにいるときとかも精神と時の部屋みたいな感じで。ずっとビートが鳴ってて。それに音をどう乗っけてこうとか色々考えたりして作っているから。インスピレーションは自分からでもあるし